大学生と社会人の比較

塾側からすると、実力がある講師は人材不足で、出来る限り有力な講師を採用したいと考えています。そのため、大学生・社会人を問わず、講師の求人募集は比較的多いです。大学生のバイト講師とベテラン社会人講師について、それぞれの長所と短所を見てみましょう。

大学生のアルバイトが講師を務める場合、体力がある人も多いです。また、生徒と年齢が近いことからコミュニケーションが取りやすいので、生徒側も講師と仲良くなり、安心して授業に励むことができます。ただし、指導経験が少ない大学生も少なくないことから、必ずしも成果が上げられるとは限りません。このような強みから、求人募集の採用が期待できます。

社会人講師の場合は高い指導力が期待できることから、求人募集の面でも採用されやすいことが特徴です。ただし、年齢が高いと塾側が給与とのバランスが気になるケースも少なくないので、採用時に不採用になってしまう可能性もあることも理解しておきましょう。

このように、大学生の講師と社会人の講師には違いがあります。どちらが優れているというわけではなく、それぞれ求人募集の場で強み・弱みがあるので、その特徴を理解したうえで転職活動をするとよいでしょう。