講師に向いている人は

中学受験の塾講師へ求人応募をする際、どのような人が向いているのか興味がある方もいると思います。この記事では、塾講師になるために必要なスキルをご紹介しましょう。

まず、一定程度の学歴を持っている必要があります。最低限、勉強を教えることができる程度の学力が必要だからです。ただし、必ずしも高学歴である必要はなく、中学受験対策の指導ができれば十分だと考えられます。

次に、資格の必要性です。学校の教員免許を持っていると優遇されるケースもあるようですが、基本的には資格がなくとも問題ありません。むしろ、資格の有無よりも教えるスキルが高い人のほうが評価される傾向にあることから、指導力がある人の方が向いています。

子ども好きであることも重要です。中学受験の講師は、小学生の子どもに対するコミュニケーション能力の高さが求められる職業なので、生徒と話ができる人のほうが向いています。ただし、親とのコミュニケーションをとる機会もあることから、最低限のコミュニケーション能力のある方が歓迎されるのです。

中学受験の塾講師に向いている人は、このほかにもさまざまなスキルや適正が考えられます。ただし、向いていないから働けないのではなく、スキルを身に付けるように取り組めば、いずれ才能が開花するでしょう。