求人の選び方

塾講師として働きたい場合は、当然塾の求人に応募する必要がありますが、中学受験を対象としている学習塾の場合、塾全体の方向性や生徒に対する接し方、授業カリキュラムに指導方法など、様々な点が代わります。当然待遇などについても変化するので、求人を選ぶ際は、チェックするべきポイントをしっかりチェックした上で、自分に合った求人を探しましょう。

中学受験を対象としている塾の場合、塾講師の経験が求められる求人が多くなります。小学生の指導は、慣れていないと時間が掛かることも多く、受験に合格できる授業を意識しなければならないなど、塾講師経験が無いと上手く対応出来ないことも珍しくありません。
生徒の合格率はそのまま塾の評価に繋がるので、塾講師として数年間働くなど、実務経験を積んでいる方のほうが、就職できる可能性は高いといえます。

待遇については、細かい給与の違いなどはありますが、中学受験は重要度も高い分、給与が高くなる傾向にあります。学歴などについては、大卒などの条件があるところも多いですが、中には学歴不問のところもありますし、中退の方でも有名な塾講師として活躍している方もいるそうです。
より細かい情報は塾で直接確認するしかないので、公式サイトなども確認してみましょう。