学生アルバイトの場合

塾講師として働いている方は大勢いますが、それでも子どもの数に対して塾講師の人数は少なく、脱ゆとり教育の動きも手伝って、多くの学習塾が人手不足に悩まされています。
人材不足を解消するために、大学生などの学生アルバイトの求人も増やしており、中には正式な講師に負けないくらい、優秀なアルバイトもいるそうです。学生アルバイトとして塾講師を目指す場合、どういった学習塾で働けるのでしょうか。

学習塾には色々なタイプがあり、中学受験に特化した学習塾も存在します。受験対策向けの学習塾は、より高度な授業を行うため、給与も高くなる傾向にあり、アルバイトの場合も、一般的な学習塾のアルバイトより好待遇で働くことが出来ます。その代わり受験対策に特化した塾の場合、より専門的な知識と経験が求められるので、未経験の学生がアルバイトできるところは少ないそうです。

中学受験を対象とした学習塾で働く場合、学生アルバイトとしてではなく、ある程度経験を積んだ塾講師とならなければ、すぐには働くことが出来ないことが多いです。理想としては実務経験は数年必要とされているので、学生のうちに普通の学習塾で経験を積んで、社会人として改めて学習塾に就職すれば、最短で中学受験の講師に挑戦できます。