集団塾と個別指導塾

学習塾の授業の進め方は、塾によって大きく異なります。塾の形態は大きく分けて2種類あり、集団塾と個別指導塾に分けることが出来ます。
中学受験対策に特化した塾でも、集団塾と個別指導塾に分かれているので、保護者は子どもの勉強の進み具合に合わせて、通う塾を決めています。講師にとっても、双方の違いで授業の進め方や生徒の指導の仕方にも違いが出てくるので、塾講師として働くなら、自分に合った塾の形態を選択したほうが、指導もしやすくなるでしょう。

集団塾では、生徒を一つの教室にまとめて、同じ授業を同時に受けさせます。集団塾の場合は、生徒全員でテストなどの点数を競い合い、お互いを高めあうことを前提としているので、講師も積極的に競い合う環境を作り、ガンガン生徒を引っ張る積極性を持つ人材が向いています。ぐいぐい引っ張るリーダーシップを持っているという方は、ぜひとも集団塾に就職してください。

個別指導塾では、生徒一人ひとりにテキストなどに挑戦させ、一人ひとり様子を見ながら、躓いているポイントを解消させ、学力を向上させていきます講師に向いている方は、じっくりと作業を進めるのが苦でなく、1からしっかりと面倒を見ていきたいという方といわれています。求人情報では、塾の形態も掲載されているので、そちらを参考に自分に合った職場を捜しましょう。