塾講師の学歴の重要度

塾講師の求人を見てみると、ある程度の学歴が必要な求人が目立ちます。
学歴不問の求人も中にはありますが、基本的には大学を卒業した方を講師に迎えることが多く、中学受験のように重要な勉強が必要となる塾の講師は、それなりの能力があることをアピールするためにも、学歴はあって困りません。重要度については塾によって考え方が異なるので、塾講師志望の方は、学歴の重要性についても前もって知っておいてから、将来について考えてみましょう。

塾講師として働く場合、学歴は役には立ちますが、絶対に必要なものというと、そうではないと考える塾も珍しくありません。中学受験対策を行っている塾の中には、年収1千万円を超えるような優秀な講師もいますが、その方は学歴が大学中退ということもあるので、最終的には学歴よりも、生徒をきちんと指導できる実力があるかどうかが、非常に重要な鍵を握ることになります。

塾講師になるための学歴は、自分の価値を高めるものとしては役立ちますが、絶対的ものというわけではありません。
中学受験対策の講師は、寧ろ塾講師としての実力のほうが強く求められているので、アルバイトとして実務経験を積んだ後のほうが、就職した後活躍することが出来るかも知れません。もし学歴に自信が無いなら、学歴不問の求人を中心に応募しましょう。