自信を持って接する

学習塾の求人は多く目にすることが出来ますが、対象となる生徒の違いで、授業の進め方や内容は大きく変化します。
例えば小学生の場合は、学校の授業についていくための支援をはじめ、より上のステップに進むための授業や、中学受験の対策に特化したカリキュラムなどがあります。これらの業務に共通していることは、自信を持って授業を進める事で、自信たっぷりに生徒を教えることが出来る講師は、自然と人気が集まりやすいといいます。

生徒を指導する講師は、常に自信たっぷりでい居続けなければなりません。弱気でいればそれは生徒に伝わり、勉強のやる気をそぐ原因にもなりますし、保護者にしても、あまり良い印象を持たれないでしょう。多少自信が無いことがあったり、子どもに厳しいことを言うときでも、常に自分が正しいと自信を持ち、堂々と応対することで、保護者からの信頼も厚くなります。

中学受験は生徒の人生が変わるような一大イベントです。そのため授業内容に不安がよぎることもあるでしょうし、プレッシャーも感じるでしょう。ですが、当事者である生徒はさらに厳しいプレッシャーを受けつつ勉強を続けています。その努力を無駄にしないためにも、自信を持って授業を続け、生徒の成長をサポートしてあげましょう。