生徒に対する接し方

中学受験を成功させるには、独学での勉強では不足することも多く、学習塾に通うことは珍しいことではありません。
最近は良い中学校に通わせたいと考える方が増えてきており、講師不足が深刻化している学習塾では、常に求人を公開して、即戦力になるような人材を求めています。塾講師として成功するためには、生徒に対する接し方を考える必要がありますが、中学受験前の生徒に対しては、どのように接すれば良いのでしょうか。

中学受験前は、初めての受験で生徒はもちろん、それ以上に保護者がカリカリしていることが多く、生徒の中には非常に強いプレッシャーに襲われている子もいます。そうした子は勉強のペースも落としやすくなるので、気持ちを落ち着かせるためにも、積極的にコミュニケーションを取り、心を開いてもらわなければなりません。授業が終わった後にでも、話を聞けるようになれば、それだけで生徒の精神状態は安定に近づきます。

そして、生徒に対しては、一人ひとりきちんと接することが大切です。自己主張しない生徒には、自分から積極的に話しかけて、自分のことを知ってもらいましょう。こうしたコミュニケーションを重ねることで、生徒のことを把握し、問題の発生にいち早く気付ける環境が出来上がります。