保護者面談の重要性

塾講師の求人情報を見ると、授業のカリキュラムの考案や生徒の指導など、様々な業務が掲載されていますが、その中に含まれていない業務も、時には行うことがあります。例えば保護者面談も、非常に重要な塾講師の業務の一つといわれているので、求人情報に掲載されていなかったとしても、保護者と話し合う機会は、特に重要な業務と考えてください。

塾講師の仕事は、生徒の成長を勉強を通してサポートすることにありますが、普段の生活で一番子供に影響を与えるのは、一番長い時間を過ごすであろう保護者でしょう。その保護者が、子どもに過度なプレッシャーを与えたり、無理やりにでも勉強させたりといった、子どものやる気をそぐきっかけを与えることがあります。そうした事態を防ぐためにも、普段の生徒の過ごし方を面談を通して確認し、問題点があれば改善してもらうよう、こちらから保護者に呼びかけることも、時には必要です。

保護者面談は、特に周りからプレッシャーを受けやすくなる時期に、行われることが多く、中学受験専門の塾講師は、定期的に保護者面談を行うことが多いといいます。生徒だけでなく、保護者も受験間近でナーバスになることが多いので、生徒が必要以上に焦らないように、こちらから働きかけることが、受験を成功させる重要なカギとなります。